スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第4回熊3本オフ】シングル63使用構築紹介【ボスゴドランド+ゲッコウガ】

久々の更新となりました。
今回は使用構築紹介です。

先日、8/17に、熊本県で、私がスタッフを務めさせていただきました第4回熊3本オフが開催されました。

壁紙

前回に引き続き本当に多くの参加者が集まり、大変な盛り上がりを見せ、一スタッフとしても、また熊本でポケモンをやる人間としても、来てくださった方への感謝の気持ちでいっぱいであります。本当にありがとうございました。
また,0次会、2次会なども楽しかったです。次もまたスタッフさせていただくとおもいますので、よろしくお願いします。

あ、熊3本オフの情報は全てこちらのysdさんのブログ(→ysdのにっき)に掲載されます。今後のオフ情報なども時期が来たら掲載されると思うので是非ご覧になってください。

また、今回の熊3本オフを含め、九州で15連続のポケモンオフが開かれます。詳細はもりぃさんのブログのこの記事(→【ホウエン地方】Cross to Hoenn【九州オフ企画】)をご覧になられてください。ちなみに熊3本オフは第3弾、次の第4弾は福岡県で行われます、九大ポケサー主催のオフ、きゅーぽけオフです。参加者はまだ受付中とのことなので、興味のある方は是非参加されてみてください!


さて、前置きが長くなりました。ここから今回の本題です。

今回のオフは参加者数全40名、10人リーグ4つでそれぞれ3位まで決勝トナメ進出、1位抜けはシードを得るという形でした。今回私の戦績は予選7-2でOPPにより1位抜け、決勝トナメ1戦目で負けてベスト8でした。個人的には満足の行く成績です。

今回使用したPTがこちらになります。

aggron-mega.giflandorus-therian.gifgreninja.gif
cacturne-f.gifvolcarona.gifsalamence.gif

kuma3moto.png

今回の構築は最も自分が使い慣れてる構築をいじった形になりました。理由はまぁ0次会で調子に乗った僕が使う予定の構築をばらしてしまったので急いで前日作り上げたためです。(最初はカエンジシでガブとガルドをポイしちゃうゾ☆パーティで行く予定でした)

この並びは、私が爆速シングル当たりから好んで使っているメガボスゴドラ+ゲッコウガに、最近手に入れたランドロス霊獣を入れてみた形です。もともとボスゴドラ+αで麻痺を巻きつつPTを削り、最終的に高速アタッカーの癖に卑怯な特性と範囲をお持ちのグレ忍者さんでフィニッシュというパーティでした。
今回ボスゴドラとランドロス霊獣の相性の良さに気づき、霊獣ランドをPTに突っ込みました。基本選出は上3匹で、残り3枠でピンポイントメタを貼っていく形です。それでは個別に紹介します。

aggron-mega.gif

ボスゴドラ@メガ石 NN:TITANSRETURN
実数値:177-131-200-*-123-70
(メガシンカ後:177-161-250-*-145-70)
調整:慎重HDぶっぱ(ゲッコウガの珠冷凍B+悪の波動×2耐え、メガゲンガーのシャドボ2耐え)

平成のモビルアーマー、生ける要塞。
超耐久を活かして電磁波ステロを撒く昆布マシーン。
Aもそれなりにあるのでそれを活かして電磁波アイアンヘッドで麻痺怯み狙いながら削りに行くのも出来ます。
主にゲッコウガで抜けないポケモンを麻痺させる+ゲッコウガで抜けても確定で落とせないポケモンをステロ吠えるで削って確定に持っていくのがお仕事です。


NNは音ゲー曲の「TITANS RETURN/L.E.D.」が元ネタです。

landorus-therian.gif

ランドロス@こだわりスカーフ NN:ポチ
実数値:165‐194-110-*-100-153
調整:そんなものはない 意地ASぶっぱ。

少し前に交換で頂いたので使ってみたかった枠です。ボスゴドラの電磁波が入らない地面と電気へのメタとして入りました。またボスゴドラへの格闘を受けたり逆にこちらに飛んでくる氷技や高火力フェアリーをボスゴドラに受けさせてと相性補完はバッチリです
持ち物はガルーラ・メガゲンガーを始め、最近増えつつあるライコウなど高速電気タイプ意識のスカーフです

NNは犬っぽいな~とおもって付けました。



greninja.gif

ゲッコウガ@命の珠 NN:アイエエエ!
実数値:148 -*-87-155-91-191
調整:なし。臆病CSぶっぱ。

へのいくんから借りてるエースです。威力+範囲+速度を全て持ち合わせてるニンジャです。見ての通り紙耐久アタッカーなので、殴り返しを食らうとまず勝てないし、上から殴られてもまず勝てないのでそこをボスゴドラでカバーします。
持ち物は範囲を消さず威力を底上げする珠、技は最高火力のドロポンに加えて龍全般に刺さる冷凍B、ギルガルドやゲンガーなどに強く出れる+受けにくい悪の波動、メガギャラドスやバンギラスに安定する草結びです。
上の三匹の並びがかなり安定するのですが、ピンポイントで強気ででれないポケモンが幾つか存在しますのでそこを下のポケモンでメタっていきます。


cacturne-f.gif

ノクタス@きあいのタスキ NN:Scarecrow
実数値:177-183-81-*-80-75
調整:何も考えずHAぶっぱ。

ピンメタポケモンその1。(自分の)ポケモン界のアイドル。
上3匹で辛かったのは水ロトムやマリルリなどの水タイプです。
そこを確実に仕留める主にマリルリキラーこそこのノクタス。
特性貯水のお陰で水タイプへの後出しが容易です。特にマリルリの場合、交換時にじゃれつくを打たれない限りは1:1交換以上の結果を得られます。腹太鼓されればタネばくだんで確定圏内、そうじゃないならカウンターで仕留められますし、万が一交換からのじゃれつくを食らっったり、襷が削れてしまった場合でも道連れでなんとか1:1交換に持っていける…というところまで机上の空論です。実際はそんなに甘くなく、キレイに交換読みじゃれつくを食らいました。役に立ったのはガブリアスをカウンターでしとめたところぐらいでしょうか。あと、H切ってASにするべきだな、最近のマリルリを見ながら思いました。
ただタイプ一致不意打ちの火力は馬鹿に出来ないです。


volcarona.gif

ウルガモス@ラムのみ NN:ハルガモス
実数値:161*-85-205-125-151
調整:CSぶっぱ

ピンポイントメタその2です。NNから分かる人はわかるように、5世代のポケモンをそのまま使っています。
主にナットレイやハッサム、炎タイプなどをメタる、と言うよりはゲッコウガがナットレイを呼ぶのでナットレイを起点に舞っていくポケモンです。めざめるパワー岩を持ち、リザードンや他の炎タイプに強くしています。1舞、欲を出して2舞できれば十分全抜きも狙えるポケモンです。




salamence.gif

ボーマンダ@ゴツゴツメット 
実数値:201-155-145-*-102-120
調整:わんぱく H奇数調整 B極 残りD

ピンポイントメタその3。ファイアローメガバシャその他耐久対策です。
バシャナットサンダーなどはやりの構築に対しての選出用にランド+マンダ+ガモスという選出をする時に用いようと思っていましたが、アローもバシャナットサンダーも思ったより少なくて出番がほぼなかったです。一度ラグカイロスに繰り出したくらいでしょうか。別のポケモンに変えるべきだったかと感じています。

とりあえずボスゴドラ+ランドロス+ゲッコウガですが使いやすかったです。慣れてるのもありますけどね。
ノクタスはアイドルでした。悪い意味で。とりあえずこの構築を今後ある程度突き詰めていこうかと思います。














スポンサーサイト
プロフィール

ぽるす@Astral

Author:ぽるす@Astral
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
かう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。