スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【がにゅオフ使用構築】リザラフレシア

先日、福岡で行われた全国ダブルのオフ、「がにゅオフ」に参加してきました。

ORAS後初の全国ダブルのオフということで環境とか全くわからず構築すっごく悩みましたが、なんとかひとつの形が出来たのでここに構築をのっけようと思います。環境とかに刺さってたりするなんてことは一ミリもないので読んだところで、という感じではありますが暇つぶし程度にはなるかと思います。


【使用構築】
リザードンY(がにゅ)
ラフレシア(がにゅ)
テラキオン(いつもの)
ランドロス霊(がにゅ)
キリキザン(がにゅ)
トリトドン(がにゅ)

見づらかったらごめんなさい。今回、何度も迷走を繰り返しこのパーティに落ち着きました。今回はORAS環境最初のダブル大会ということで、新要素を取り入れたパーティを作ろうというのが大前提だったのですが、はやりの構築をうまいこと読みきれず、試しに作ったメガメタグロスやメガボーマンダ、雨メガラグラージどれもしっくり来なかったので、もう「何かしら新要素を入れてしまえばいいや」と自分を納得させ、せっかくナゾノクサがムーンフォースを手に入れたので、ラフレシアを使おうと完成したのがこのパーティです。

リザードンYとラフレシア、単純に晴らして葉緑素ラフレシアで上から殴るパーティですが、中々強力です。リザードンの熱風が通りづらい岩や水タイプに対して上からラフレシアの高火力で殴りつける事ができ、またラフレシアでは辛い鋼や虫タイプに対してはリザードンが燃やしてくれるという、攻撃面での相性保管はそれなりだと思います。特に新しく習得したムーンフォースは強力極まりなく、フシギバナや他の葉緑素アタッカーとの大きな差別化に一役買っています。今回覚えたムーンフォースでは、これまでのフシギバナリザードンでは辛かったドラゴンタイプ、特にサザンドラに対して4倍をつくことができます。それどころか、命の珠ムーンフォースは無振りメガマンダを低乱数です。このように、リザードンYとラフレシアの超攻撃的な並びで相手を制圧するのが狙いです。当然突破できないポケモンは多々いますので、そのポケモンに対しては裏の選出で対処していきます。それでは個別に紹介致します。

リザードンY(がにゅ)

このパーティのエースであります。ORASの環境を考えた際、メガマンダが増加するのでその分メガリザに対するマークも薄くなるだろうという感じで採用しました。天候を取ることで自身のラフレシアを強化するだけでなく、ORASになって新たにアタッカーの増えた雨や砂に対してのメタとしても優秀だと感じました。技は相手全体に大きな負担をかけることのできる熱風と、相性保管として優れているソーラービーム、そしてワイドガードを張ってくる相手に対して超火力をぶち込めるオーバーヒートを採用し、最後の枠は守るとしました。メインウェポン2つの命中が90とやや不安なところがあり、そういった意味では確実に相手に負担をかける火炎放射を採用するべきだったと感じています。

ラフレシア(がにゅ)

パーティのサブエースです。S実数値は晴れ下で204まで上昇し、大抵のポケモンに先手を取ることができるようになります。前述しましたがリザードンYとの攻撃面での補完が強く、リザードンでは対処しづらい、相手のテラキオンやマンダ、ガブリアスといった高速アタッカーの面々に対して抜群技をたたき込めます。また草タイプなので相手のモロバレルに縛られず戦うことができるのも大きなポイントです。持ち物は範囲を損なわず火力を底上げできる珠をもたせました。技構成について、一致最大火力ウェポンのヘド爆、呼ぶ相手のドラゴンに刺さるムーンフォース、そしてギガドレインです。エナジーボールではない理由としては、ラフレシア自体の耐久が優れており、相手に受けたダメージを回復することで、ダメージレースで有利に立つことができる点です。

テラキオン(いつもの)
 
リザラフレシアの並びで特に重いのが初手のガルーラやファイアロー、またヒードランです。そういった面々に対して一致弱点をつく事ができ、かつ晴れ下でもファストガードでラフレシアをアローのブレイブバードから守ることも出来ます。持ち物に関しては、対面から色んなポケモンを突破できるようにするための襷を選択しました。生きる機会は多かったです。

ランドロス霊(がにゅ)

耐久に振ったポケモンが少なく、全体の受け性能が低いと感じたため、威嚇持ちのポケモンが一体はほしいと入れました。最初はスカーフマンダを入れていましたが、電気技の一貫性が辛く感じたためにランドロスにしました。持ち物は襷やチョッキと悩みましたが、ガルーラに後出しでき、かつ上から縛ることのできるスカーフを選びました。そういうわけで技は馬鹿力を採用し、ワイドガード対策に雪崩ではなくエッジを採用しています。

トリトドン(がにゅ)

PT全体で水技が受けにくいことと、トリルに弱いことから採用しました。配分や技構成、持ち物特性全てコチラのバルドルさんのブログで紹介されているトリトドンと同じです。(→【全国ダブル】コジョサナ

キリキザン(がにゅ)

最後に放置すると厄介なことになることが多いゴーストへの打点がないことに気がついたので採用しました。最初は悪プレートを持たせていましたが、めちゃくちゃ鬼火を集めるためラムを持たせました。はたき落とすで打点も高いため、腐りづらくあらゆる場面に強かったです。


配分については特に考えず全部ブッパしてあります。なんでその辺うまいこと弄ってあげるともう少し戦えるかもしれません。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽるす@Astral

Author:ぽるす@Astral
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
かう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。